上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    拡張編集の小技(音声無しに音声を)

    おもにMUGENやPC上のゲーム撮影に関する日記です。
    --/--/--(--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010/06/01(火)
    音声無し1
     上の画像を見てみると、Aviutlで読み込ませた動画ファイルに音声があれば表示されるはずの波状が表示されませんね。
    そう、皆さんも知っていると思いますが、紙芝居クリエーターで作成されたAVIファイルには音声がありません。
    これは非常に厄介です。
    誤って音声無しの動画ファイルと音声のある動画ファイルを連結しますと、全フレームが音声無しの扱いとなります。

     これの一般的な対処方法は、動画の再生時間ぐらい(又はそれ以上)の長さの音声ファイルを読み込ませる必要があります。
    しかし、BGMの長さによってはいちいちフレームを区切って出力しながら調節しなければいけない場合があります・・・非常に面倒ですよね。
    そこで、そんな手間を考えずに、楽に全フレームに音声をつける方法を紹介しようと思います。

     ①Aviutlを起動させます。

    音声無し2
     ②拡張編集を開き、プロジェクトに読み込ませたい動画ファイルの情報を入力します。

    音声無し3
     ③メディアオブジェクトの追加→動画ファイル で、動画ファイルを読み込ませますと・・・

    音声無し4
     ④ご覧のとおり、動画ファイルに音声をつけることができました!

    音声無し5
     ⑤この状態では無音(音声はあるが、音量がない)なので、あとは メディアオブジェクトの追加→音声ファイル で、BGMを読み込ませてAVI出力すれば完成です。



    スポンサーサイト
    この記事へのコメント
    すっごいわかりやすいですw
    参考にします!
    2010/06/02(水) 13:56 | URL | Alece #-[ 編集]
    >>Alece氏
    こんなわかりにくいのを参考にしていただき、非常に感激です!
    まぁ、元々Aviutlは使いやすいので、ちょっと弄っていればすぐ使えるようになってきますからねぇ・・・w
    2010/06/02(水) 19:41 | URL | ハクリエル #-[ 編集]
    URL:
    Comment:
    Pass:   
    この記事のトラックバックURL
    http://hacriel.blog12.fc2.com/tb.php/476-f0c7ccea
     この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

     | Copyright © ハクリエルの日記 All rights reserved. | 

     / Template by パソコン 初心者ガイド
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。